外壁・外構編

外壁や外構は、大切な家の「見栄え」を決定づけるもの。
リフォームすれば、家は一気に見違えます。
多くの場合、工事は大がかりになりますので、業者との相談は慎重に。

外壁塗装は、屋根の点検・工事もセットで

足場イメージリフォームで外壁の塗装をする時、ちょっと知っておくと良いポイントがあります。それは、「外壁塗装と一緒に、屋根まわりも見てもらう」ということ。

外壁を塗る職人さんは、当然ですが、手作業です。建物の周辺をぐるり回れる足場が必要。そこで、塗装の前に、家のまわりに仮設の足場を組みます。
この足場、けっこう費用のかかるもの。活かさない手はありません。そこで、足場を使って、樋や屋根の点検も一緒にやってもらいましょう。そこでもし、工事が必要となれば、外壁塗装とあわせてやってもらうのです。

外壁塗装はリフォーム工事の最後に

リフォーム相談風景また、外壁塗装と他工事とのかかわりで言うと、もし塗装と同時に、または近日中に、別のリフォーム工事を控えているならば、必ず、外壁塗装は「最後」にしてください。
たとえば、お風呂や玄関などをリフォームする場合、窓や扉の周囲の壁を工事ではつるので、その部位は結局塗り直しになるからです。

もちろん、塗装業者に屋根工事をさせるわけにはいきませんし、工事の段取りまでお客様が考えるのは無理な話。そこで弊社のような、各種リフォームを一手に受ける業者にご相談いただけば、すべて「お任せ」でOKです。

お好みの外壁材が取り付けられるかは、要確認

外壁材外壁の仕上げには、塗装以外にも、サイディング・タイル張りなどの方法があります。

どれを選ぶかは、基本的にはお客様の自由。ですが、どの家にも、どんな壁材でも、取り付くわけではありません。

やや専門的な話になりますが、元の外壁が左官仕上げで、塗装する仕様であったところへ、リフォームでサイディングを貼るのは、問題あり、です。水漏れの危険がある上、費用も割高。サッシとサイディングとの収まりが悪ければ、見栄えも悪くなります。
タイルも同様です。塗装する仕様の外壁は、下地が十分でなく、タイル自体の重みを支えられないケースもあります。

デザイン性だけで選ばず、専門家に相談を

見た目やデザインの華やかさなどから、サイディングやタイルは選びやすい建材かもしれません。ですが、業者が安請け合いして、無理な施工をしてしまうと、後々、大問題になりかねません。

リフォームといっても、建築です。出来ること、出来ないことをきちんとアドバイスしてくれる、建築の知識を持った専門家に相談することをおすすめします。

ガーデニングは、手の届く範囲で

ガーデニング住まいの周囲を飾る「外構」。最近はガーデニングのブームもあって、自分らしい、こだわりのエクステリアを!という方が増えました。

これまでは、庭のコーディネイトといえば、植物が、その中心でした。青々とした常緑樹、四季の移ろいに姿を変える木や花。庭を彩る、美しい自然の調和にあこがれる方も多いでしょう。

ですが、樹木の手入れは、なかなか手のかかるもの。水やりに剪定、枯らせないための、知識や努力も必要です。
植木屋さんに任せるのならともかく、ご自分で庭作りをしたいのであれば、共働きのご家庭や、お忙しい方には、過度の植栽は向かないと思います。

お庭のメンテナンスを簡単にする一工夫

エクステリアそんな方々は、自然の樹木にこだわらず、既製のアイテムで工夫するのも一興。タイルにウッドデッキ、天然石やウッドチップ、フェンス...。工夫しだいで、様々な色を出せますよ。何より、その多くはメンテナンスの手間がいりません。

リフォームは、ご自分の、手の届く範囲で。その中で、あなた色のテイストを演出するのが、私たちの仕事です。ぜひお気軽にご相談ください。

外壁・外構リフォーム事例のご紹介

各店舗のご案内

あやめ池と東登美ヶ丘の2か所に、店舗を構えております。

スタッフ紹介

カタログ請求

おススメ設備情報

現場レポート

補助金情報